遠藤青汁

遠藤青汁は、倉敷中央病院名誉院長である故・遠藤仁郎博士の健康自然農法に基づいて作られた青汁です。

 

遠藤青汁は、日本でまだケール青汁が一般的ではなかった頃に開発。化学肥料を使わず、無農薬の国産ケールを主原料とし、20年以上もケールの青汁を研究、販売しており、青臭さが苦手な方でも飲めるようになっています。

 

ケールというのは、キャベツやブロッコリーの原種で、ビタミン、カルシウム、カリウム、鉄分などを豊富に含む優れた緑黄色野菜です。

 

遠藤博士はケールを青汁の原料として最適なものに育て上げるため、独自の自然農法を提唱し、完全無農薬・有機栽培のケールを作り出すことに成功しました。

 

遠藤青汁は、九州・関東・中部・北信越エリア限定の『青汁生ジュース』と全国販売の『乾燥青汁』の2種類をラインナップしています。

遠藤の青汁は国産ケール100%

遠藤青汁では、高知県南国市で育てられた国産ケールを100%使用しています。

 

自社菜園と契約農家が独自の自然農法によって育てたケールは、無農薬・有機栽培の一級品。

 

地元で採れる素材を丸ごと活かして作られたケール青汁は、鮮度はもちろん、栄養価が高いところが特徴です。

 

遠藤青汁では、国産ケールを万全の衛生管理のもとで加工・製造。ケールの素材の良さを最大限に引き出した安心・安全の青汁となっています。

さまざまなタイプを販売

遠藤青汁は販売エリア限定の青汁生ジュースのほか、固形・顆粒・粉末状に加工した乾燥青汁を販売しています。

 

青汁生ジュースは新鮮なケールを丸ごと絞ってビン詰めした新鮮さが魅力。

 

生ジュースなので販売エリアは限られていますが、青汁の良さを最もよく味わうことができます。

 

一方の乾燥粉末は、携帯に便利な固形、飲みやすい顆粒、飲み物に混ぜられる粉末と3種類のタイプをご用意。

 

自分の好みに応じて使い分けられるので、手軽に青汁を摂りたい方におすすめです。

注文してみました。

遠藤青汁は、20年以上の販売実績で価格が2,835円とリーズナブルだったことから、一度購入してみることにしました。

 

ちなみに4箱購入すると、1箱おまけでついてくるようです。それなら1箱あたり2,268円とかなり格安になります。

 

なんと注文して2日で到着しました。

 

はじめて飲んでみた感想

箱を開けてみると、遠藤青汁の他に、青汁の選び方などのパンフレットが入っていました。

 

ステックタイプじゃないので粉末をスプーンでコップに入れ、水に溶かしました。

 

結構濃い緑色で苦いんじゃないかなと思いましたが、飲んでみると苦味もなく、サラッとしていて、美味しく飲むことができました。

 

どういった効果があるの?

遠藤青汁の効果について、ネット上の口コミサイトなどではどいった評価をしているのかを調べてみました。

 

■口コミ1
値段もお手頃な価格だったので試しに飲んで見ましたが、飲みやすいので毎日飲んでいます。飲んだ後は爽快な気分になりますね。

 

■口コミ2
もう2年くらいずっと飲んでいます。牛乳とハチミツの中に入れて美味しく頂いていますが、体調もよく毎日楽しく過ごしています。

 

■口コミ3
遠藤青汁を飲みだして3年になりますが、野菜嫌いな私ですが、継続していることで健康に過ごせています。今後も飲み続けていきたいと思ってます。

 

以上、遠藤青汁の口コミ情報でした。

 

私が飲み続けた感想ですが、これといった目に見える効果や変化はありませんが、体調も崩さずに毎日過ごせていますので、継続は力なりってことでしょうかね。